2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

救急車

kage

2017/03/26 (Sun)




先日、私は救急車に乗るはめになりました。大したことは無い。

私の持病のせいなのですが。

発作が起きて、意識もうろうとしてる中、救急隊員さんや、

早退したであろうパパちがいて、大騒ぎ。

気がついたら救急車の中で、「ママち、大丈夫か?」とパパちが手を握ってくれて

救急隊員さんが、「名前とか言えますか?」と言われ

まだ、意識がハッキリしてなかったので、その時は言えなくって

救急隊員さんが、「呼吸が荒いですよ、もっとゆっくりしましょう」って聞こえて

「そんなの無理だよー」と思い、更に色々聞かれたり、救急隊員さんが世話しなく動いてたり

電話?か無線?で私の様態をかすかに耳に入ってきて

私はパニックになり、「なんでこんなとこにいるの?家に帰りたい!!」

もう訳が分からず、パパちがハグしてくれてて、段々落ち着いて来て、

自分の名前も言えるようになり、意識も大分ハッキリしてきました。

そして、気が付いたら自宅にいました。




こう言う事は初めてではなく、何度か救急車のお世話になり、

救急車って、本当に危険な病人等を運ぶための物で、

私みたいな中途半端な人間に救急車の頼りになるのは

大変申し訳なく思う次第です・・・。




コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック