2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

じゅうくん メモリアル Ⅰ

kage

2015/08/26 (Wed)


 昨日は、長文に渡り、故じゅぴ太の事を書かせて頂き、

 最後まで目を通してくださり、

 皆さまから手向けのお言葉を沢山頂き、娘共々、大変感謝しております。

 じゅうくんは、幸せな大往生ともいえる最後でありました。



 2015年7月5日 じゅうくん火葬

 この日も、本当に偶然なのですが

 じゅうくんに携わる家族みんながお仕事がお休みで、

 (平日休みなパパちも、シフト不定期な娘旦那さんも)

 じゅうくんに、さようならが出来ました。

 そして、じゅうくんの遺骨を拾う事が出来ました。




じゅうくんが家族になったのは17年前の7月7日 七夕の日でした。

じゅうくんに気持ちを込めて、それぞれが短冊に書きました。


018d206c6d6f3e0a64e26633b679a540ef04d6418b.jpg


これ




次女は、「じゅうくんだから、10回お焼香する!」って、皆に笑われてました。(葬儀屋さんにも)笑

011f02624cba6a158e2977bc3740007e155c72601c.jpg



01a94786b46fe998a3718cb7bc96ffa5a9a4c48c3a.jpg



動物好きの、じゅうくんとも仲良しだったルカもご焼香、そしてお骨を拾う事も出来たね。

0171b47618c9e8efe992fe08349a886f008f1dcd7a.jpg



骨になったじゅうくん。とってもキレイに骨が残ってるって火葬場の人が言ってました。

人間の、喉仏は仏様の形をしてると言いますが、

犬の喉仏は、犬の形をしてるんです。びっくりしました。





IMG_0100_201508260257333cd.jpg


IMG_0104.jpg



IMG_0103.jpg


IMG_6516.jpg


IMG_6862.jpg



  火葬も無事終わりました。

  本当にじゅうくんは、虹の橋を渡ってしまいました。

  でも、じゅうくんは、娘の心のなかにいます。

  私達、家族の心の中にもいます。
  



  じゅうくん、いや じゅぴ太へ

  今までありがとう。

  今まで色々あったけれど、私達家族は、貴方から沢山の事を学びました。

  17年間ありがとう。本当にお疲れ様でした。


  じゅうくん、これからは、沢山のお空のお友達と遊んでね。

  若い頃のじゅうくんに戻って、走り回り、飛びまわり。みんなに好かれるじゅうくん。

  お友達、いっぱい出来るよ。



  娘へ

  貴女はとても優しい、お母さんにとって、とても誇れる娘です。

  このブログでも、貴女の事を応援してくれる方が沢山いました。

  それは貴方が、じゅうくんの事を心底愛し、献身的な介護を一生懸命したからです。

  そこには、家族(旦那さん)の協力もあったかもしれませんが

  それは、貴女の頑張る姿があったからこそだと思っています。

  当人ではないと解らない辛さ、介護してる中で色んな思いがあったと思います。

  良く頑張ったね。ありがとうございました。お疲れ様でした。





この記事へのコメント

kage

おはようございます
東京も雨ですか
生き物を飼うということは、
悲しいけど何時かは必ず来るよね

Posted at 07:41:05 2015/08/26 by 川岸

この記事へのコメント

kage

おはようございます

 おはようございます。
 ジュンくんの葬儀、人間と同様に葬式が行われたのですね。これからペットの葬儀も増えるでしょうね。
 娘さんにとっては悲しいことですが、これからは介護の必要もなく、いつも一緒にいられますね。
 ランキング応援!!

Posted at 08:09:58 2015/08/26 by ただのデブ

この記事へのコメント

kage

いいお葬儀~

おはようございます。
今は多くのワンちゃんがこうしてきちんと
ご家族とお別れができます。
そう思うととても幸せなじゅうくんだったと思います。
これだけ皆様に愛されて犬生の最後を見送れたこと
さいこうです。
ご家族の皆様お疲れ様でした。
そしてじゅう君を知っておられる方は誰もが
じゅう君のご冥福を祈られることと思います。

Posted at 09:23:37 2015/08/26 by よっこたん

この記事へのコメント

kage

拝見しました。

こんなに盛大に見送りしたんですね
ジュン君の17年間は愛されていたのを感じました。
ひなもこ…涙腺が弱くなったのか涙が止まりませんょ(T_T)
ママさん 娘さんそして家族の一致団結お疲れ様でした。

じゅん君…お疲れ様
天国で安らかに…合掌。

Posted at 10:07:32 2015/08/26 by ひなもこ

この記事へのコメント

kage

じゅう君と娘さんは強い絆で結ばれていますね。
一時帰宅の時を選んでお星さまになったじゅう君。
娘さんの事を本当に愛していてその日を選んだのね。
毎日が楽しくてじゅう君は辛いとは思っていなかったよ。
一緒にいられるだけで幸せだった。
姿は見えなくなってしまったけど、これからもずっと一緒。

Posted at 11:33:56 2015/08/26 by キティ

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 13:44:27 2015/08/26 by

この記事へのコメント

kage

こんにちは

じゅうくんの火葬が無事終わって良かったですね

皆さんの心の中でいつまでもじゅうくんは生きていますね

空の上から家族を見守っている事でしょう  合掌

Posted at 18:13:41 2015/08/26 by jun281

この記事へのコメント

kage

これだけ家族から思ってもらえるじゅう君は
本当に幸せものです。
娘さんは、まだ、寂しいだろうけど気持ちを切り替えて
がんばって下さいね。

Posted at 18:43:19 2015/08/26 by onorinbeck

この記事へのコメント

kage

じゅうくんの写真を見て涙が出ました。
じゅうくん逝っちゃったんだね。
じゅうくんは最後まで賢いわんちゃんでしたね。
そして、ご家族とは心がつながっているってことをしっかり感じさせてくれた最後だったね。

立派なお葬式もあげてもらって、じゅうくんは幸せなわんちゃんでしたね。

じゅうくん、今は辛さから解放されていることでしょう。
お空の向こうで安らかに過ごしてね。

Posted at 19:15:36 2015/08/26 by るびぃ

この記事へのコメント

kage

昨日今日とブログを拝見し、改めてご家族皆さんの頑張りに脱帽です。
何よりもお嬢さんがお若くて可憐であることに愕きました。
こんなにお若いお嬢さんがよくそこまで頑張られましたね。
小さな時から一緒に育ち、お嫁に行くときにも連れて行かれたのですね。
じゅぴ太ちゃんは本当に幸福な犬さんでした。
私も7月15日に1年間以上看病したみるき~を見送りました。
じゅぴ太ちゃんもうちの子も、亡くなった後もしっかりと愛する家族を見つめていますね。
心よりお疲れ様でした。
今頃一緒にお空を走り回っていることでしょうね。

Posted at 19:29:46 2015/08/26 by はちみつ

この記事へのコメント

kage

不思議な力

オイラは神様も仏様も信じていないのですが、
不思議なことが起きることも
不思議な偶然があることも否定はしないし、
天国があったら良いのになぁとは思います。
でも、瀬戸内寂聴さんのように
天国とか死後の世界とか行ったことがないから分からないと
僧侶も神父も言うべきなのに
本当かどうか分からないことを本当のように断言して
人は罪びと懺悔しなさい!と言う人たちを信じて良いのか・・
そんな気持ちになります。
だから気持ちとしては、宗教は無信教なのですが
実際は仏教徒に属しています。
そして宗教が戦争の理由になるのが何より嫌なことです。
でも、愛する人たちとの別れにはやっぱり宗教的な儀式が必要ですよね。
旅立った人のためというより自分自身のために。

Posted at 21:20:34 2015/08/26 by ミルダン空

この記事へのコメント

kage

お別れは辛いですが、これからもずっと側にいてくれます
見守ってくれます

いままでありがとうっと言ってると思います
しあわせでしたね

Posted at 21:23:34 2015/08/26 by 夏至子

この記事へのコメント

kage

最後までこんなに家族みんな一緒に見送ってくれて、じゅうくんは本当に幸せですね。
私もいつか来た時は同じようにしてあげたいです。
まだ考えたくはないけれど・・・。

じゅうくん、安らかに☆彡

Posted at 21:51:21 2015/08/26 by ぶるん

この記事へのコメント

kage

こんばんは。

お別れは辛いけど、最後までみんなに囲まれて幸せを感じてくれてると思います。

安らかに眠ってください。

Posted at 22:11:02 2015/08/26 by ぷりん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 22:29:00 2015/08/26 by

この記事へのコメント

kage

じゅう君の力

今晩は。
昨日の記事を含めて、改めてじゅう君が皆さんに与えた力の大きさに驚くばかりです。
娘さんは本当に良く頑張って、大変な時期も有ったでしょうが、お互いを思いやる最後でした。
骨もとても綺麗。
今頃じゅう君は元気に空を駆け回っています。
皆さんの事を見守りながら・・・
8/27応援PPP☆彡

Posted at 00:27:39 2015/08/27 by みぶ~た

この記事へのコメント

kage

川岸さんへ

そうですね。
でも、娘は、今はもう
気丈に振舞ってるので・・・。

Posted at 12:32:36 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

ただのデブさんへ

ペットの葬儀、人間同様、色々ありますよ。そうですね。
これからは、娘の心の中に
いつも笑ってるじゅうくんがいると思います。
応援ありがとうございます。

Posted at 12:33:09 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

よっこたんへ

そう言って貰えると、とっても嬉しいです。
ありがとう、よっこたん。

Posted at 12:33:41 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

ひなもこさんへ

じゅうくんの17年間の間に色んな事がありました。
娘は本当に健気に献身的にじゅうくんの介護をし、
時には、心が折れそうな時もあったかと思います。
ひなもこさん
ありがとう。

Posted at 12:34:16 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

キティさんへ

ありがとう、キティさん
読んでてウルウルしました。

Posted at 12:34:46 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

jun281さんへ

ありがとうございます。

うん、いつまでも、心の中にいます。

永遠にむすめとじゅうくんの絆は途絶える事はないでしょう。

Posted at 12:35:23 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

onorinbeckさんへ

ありがとうonorinbeckさん。
娘とじゅうくんとの絆は、計り知れないものだったと
しみじみ思います。
今、娘は元気です。じゅうくんが守ってくれてるから。

Posted at 12:35:59 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

るびぃさんへ

ありがとう、るびぃさん。
うん、じゅうくんは、もういない・・・。
でも娘が最後まで看取る事が出来て良かった。

じゅうくんは娘がいたからこそ
娘との強い信頼関係があったからこその幸せだったと思います。

じゅうくんが、お空の向こうで元気に走り回ってる姿が目に浮かびます。

Posted at 12:36:40 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

はちみつさんへ

長文に渡る記事を読んでくれてありがとうございます。
娘は、9歳の頃からじゅうくんと共に生活をしてきました。
じゅうくんを心底あいしてたから
じゅうくんも娘の事を心底愛してたから。
2人の絆は、誰しもが侵入出来るものではないほど
強いものでした。

みるき~ちゃん、じゅうくんと同じくらいに虹の橋を渡ってたんですね。
偶然てあるものですね。
みるき~ちゃんも、はちみつさんに愛情いっぱいで介護されてきたと思います。
みるき~ちゃんと、じゅうくん
ホント今頃楽しそうに大空の上で笑顔で駆け回って居る事でしょうね。

Posted at 12:37:25 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

空さんへ

空さんに気持ち、云ってる事
良く解ります。
私も、無宗教ですよ。
宗教的な事は、云ってみれば団体活動でもありますよね。
神に祈り。
それも宗教によって、色んな神がいて、
私なんか「困った時の神頼み」ですよ(笑)
私としては最後は、宗教的な儀式は必要ではないと思いますよ。
実際、自分は散骨を願っています。

Posted at 12:37:59 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

夏至子さん

コメントありがとうございます。
娘は、沢山介護させてくれてありがとうと云っています。
じゅうくんと共に生き、時にはじゅうくんに支えられ
支えられた方が多かったのかな・・・。
なので、沢山介護し、一緒にいられた事
一緒に苦しんだ事、2人の絆の深さが痛いほどわかった
介護期でした。
誰しもが、2人の間には入れなかった。
夏至子さん、心温まるコメントを本当にありがとうございました。

Posted at 12:38:32 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

ぶるんさんへ

じゅうくんは、娘の思い通りの「家族立ち会い火葬」に
じゅうくんに携わる皆が出席出来た事が嬉しかったと思っています。
私もぶるんさんと同じ気持ちです。
ありがとう。ぶるんさん

Posted at 12:39:07 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

ぷりんさん

ありがとうございます。
じゅうくんが「安楽死」ではなく
自ら逝った事は、娘にとって、大きな救いだったと思います。
手向けのお言葉をありがとうございます。

Posted at 12:39:45 2015/08/27 by フラン&モモママ

この記事へのコメント

kage

みぶ~たさんへ

昨日からの長文を読んで頂き、ありがとうございます。
娘も介護してる中、心折れる事もあったかとおもいますが
それでも、じゅうくんのお世話を沢山させて貰えた事で
心残りも少なくて済んだ事でしょう。
2人の絆はとっても深いものだったと
今更ながら感じています。

Posted at 12:40:26 2015/08/27 by フラン&モモママ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック